QVIC

home    message    archive    theme
©

" もうひとつ、お風呂の中で不覚にも泣いてしまった場面があった。それは赤塚先生が人気絶頂の頃、時は1973年。「少年マガジン」に連載中だった『天才 バカボン』の出来上がったばかりの原稿を、編集担当者の五十嵐さんがタクシーの中に置き忘れてしまう。売れっ子の先生だからもう〆切はギリギリのギリギ リ。編集者も徹夜徹夜で付き合ってるからそんな一大事も起こってしまうのだろう。どのタクシー会社だったかも判らず、顔面蒼白になって謝りに戻って来た五 十嵐さんに、赤塚先生はこう言った。「まだ時間はある。飲みに行こう!」。そして酒場に行ってもギャグを言い続け、意気消沈している五十嵐氏を励まし続け たという。

 やがて朝になり飲み屋から戻ると、「大丈夫。ネーム(吹き出しの中に書いた台詞やト書き)が残ってるからもう一度描ける」 と、先生はもう一度ペン入れを初め、再び同じだけの時間かけて仕上げる。そして五十嵐さんに手渡すのだが、その時の台詞が素晴らしい。「二度目だから、 もっと上手く描けたよ」。TV等で良く見た、あの笑顔が眼に浮かぶようだ。これだけ書くと、底抜けに優しい人というイメージかもしれない。けれど僕はそれ だけじゃないと思う。赤塚不二夫は、モノを作る苦しさも楽しさもすべて知り尽くしていた。また、それが決して自分だけの力で成り立っていないことも知って いたのだ。"
  毎日jogjob日誌 by東良美季 : 8月10日(火)赤塚りえ子・著『バカボンのパパよりバカなパパ』

2010-10-29

(via mcsgsym, ginzuna) (via idatensho) (via plasticdreams) (via h-i)